本編を視聴するには、視聴条件をご確認ください

5

0

藤原直哉の未来を拓く思考法 第5回 国際情勢のリーダーシップを考える【株式会社あえるば取締役会長 藤原 直哉】

横型リーダーシップの重要性
多くの人が縦型リーダーシップの犠牲になっている!?



リーダーシップと聞いて、皆さんは何を想像しますか?実は不思議な言葉で、日本語に
置き換えることができない、とても曖昧な言葉なのです。英語では混沌を止める力とい
った意味合いを持っています。あなたの組織にそんな人はいますか。もしくはあなたが
リーダーであれば、そんな働き方を実践できていますか。

リーダーシップには「縦型」と「横型」があります。昔は上の人から下の人への権力が
強く、力関係が明確な縦社会を築いてきました。これが縦型のリーダーシップです。こ
の働き方では、組織は変化に弱く、時代の流れに適応できないのです。一方、求められ
るのは横型のリーダーシップです。

権力に囚われることなく、自発的な働き方が注目されています。わかってはいるものの、
日本の企業はいまだに縦型の考え方から抜け出すことができず、多くの人が犠牲になっ
ています。あなたの組織はしっかりと横型リーダーシップにシフトできていますか。具
体的な内容を本講座で学びましょう。
 
国外に目を向けて考える!
世界はどのようなリーダーシップを求めているのか?
今はグローバルな時代です。自分の国だけではなく、世界のリーダーシップを知る必要
があります。そしてそこから、日本の進む道が見えてくるのです。例えば、世界は発展
よりも持続的に暮らせる世の中を作る方向に変化しつつあります。核兵器に格差社会、
地球温暖化など、このまま発展を続けると、反対に退化してしまうのではないかと考え
られているからです。世界では、これをひとつの理念として、リーダーシップがとられ
ています。日本も大きな方向性の中で、独自性が求められています。世界のリーダー達
は何を話し、何を考えて生活しているのか、本講座で要点を押さえましょう。
 
自分だけ良ければという考え方が身を滅ぼす。人にも世界にも共通の価値観がある!
会社でも地域でも国家でも、自分だけ儲かれば良いという考え方では成功しません。独
裁国家は潰れていきますし、やりたい放題の企業は消えていきます。それなのに「今だ
け金だけ自分だけ」の考え方がなくならないのはなぜでしょう。デタラメな働き方をし
ていれば未来はないということを理解する必要があります。

では、現在の内閣は世界からどのような目で見られているのでしょうか。報道からもわ
かるように、決して良い意見ばかりではありません。日本のリーダーは私たちをどこへ
導いているのか理解する必要があります。世界に目をむけて考えると、日本も「地球」
という大きな村の中で生活していることがわかります。世界の価値観を理解して、激動
の世の中を生き抜く考え方を身につけましょう!




講師 藤原 直哉 先生
経済アナリスト 株式会社あえるば 取締役会長
特定非営利活動法人日本再生プログラム推進フォーラム 理事長
独立系シンクタンクとして「経済」「政治」「国際情勢」「組織のリーダーシップ」に関する独自の分析を行っているほか、小田原市および長野県南信濃遠山郷に拠点を構え、ロハス体験学校の主催、コンサルティング、社内教育、講演、執筆活動を行っている。また、藤原直哉が執筆する「ワールドレポート」を毎週発行。その他、社会人学校「藤原学校」を東京で月2回開催し、全国各地で「藤原塾」も開催している。さらにNHKラジオ第一放送の「ビジネス展望」、山口放送ラジオの「情報ダブルクリック」にレギュラー出演、NHK文化センター青山教室では「世界の中の日本経済」というタイトルで時局分析を行っている。
このほか以下の職責を兼務している。
・渋谷ソーホーバレーコモンズ(SVC)推進協議会会長
・有限責任事業組合藤原KAIZEN研究会顧問
・ワシントン大学経営大学院名誉卒業生
・ワシントン大学経営大学院キー・パートナー
 

関連動画